アナロジックス製AMD Fusion™プロセッサー対応チップの採用が拡大

製品発表後3カ月で出荷数100万個を達成

Category:

Wednesday, June 1, 2011 3:36 am PDT

Dateline:

米カリフォルニア州サンタクララ

米カリフォルニア州サンタクララ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- デジタルメディアおよび通信市場に高性能アナログおよびミックスドシグナル装置を提供する革新的メーカーのアナロジックス・セミコンダクターは、AMD Fusion™ APU向けのDisplayPort™トランスレーターをOEM・ODMメーカーに供給し、大量生産と低消費電力化への動きを支援しています。

アナロジックスは昨年12月に発表されたDisplayPortコンバーターチップをすでに100万個以上、主要パソコンODM・OEMメーカーに出荷し、LVDSディスプレー規格向けDisplayPort出力を搭載するための変換ソリューションを提供してきました。各製品は2011年5月31日~6月4日に開催される台北国際コンピューター見本市で展示されます。

当社がAMD Accelerated Processing Unit(APU)ベースのプラットフォーム向けに統合ソリューションを提供していることで、メーカー各社は入手可能な液晶ディスプレーパネルとの高い互換性を確保できます。省スペースで低消費電力機能が搭載されているため、メーカーは小型・薄型でバッテリー寿命の長い製品を提供することが可能です。

アナロジックスの会長兼最高経営責任者(CEO)のKewei Yang博士は、次のように述べています。「アナロジックスのコンバーターを搭載したラップトップを製造することで、パソコンメーカーの液晶パネル生産に柔軟性が生まれます。さまざまなAMD Fusionプロセッサーで試験されてきた実証済みのハードウエアおよびソフトウエア・ソリューションが用意されたことで、パソコンOEMメーカーがノートブック製品を迅速に市場に投入することができるようになりました。」

AMDとアナロジックスが共同開発したディスプレー・トランスレーター(コードネーム「Travis」)は、AMD APUベースのプラットフォームとシームレスに動作するように設計されています。AMDとアナロジックスはAMDリファレンス・プラットフォームでの検証を大規模に実施し、お客さまにTravisの搭載に対して高い信頼感を持っていただけるようにしました。

ANX3110チップは、コンテンツ保護のための専用回路、パネル・ディミングなどの主なパネルコントロール機能、さらに、AMDチップセットと連動してシステム全体での電力消費を低減する特別な省電力モードの実装といった独自機能を誇ります。

アナロジックス・セミコンダクターについて

アナロジックス・セミコンダクターは、スマートフォンなどの携帯機器からハイエンドのグラフィックスカードや大型の高解像度ディスプレーまで、デジタルマルチメディア市場で利用される半導体の設計と製造を行っています。アナロジックスは、スリムポート(SlimPort)製品など、DisplayPort接続向けのエンドツーエンドの半導体ソリューションを提供するリーダー企業です。

詳細情報

http://www.analogix.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contact:

Analogix Semiconductor, Inc.
Andre Bouwer, +1-408-988-8848 (x225)
Vice President of Marketing
abouwer@analogixsemi.com